練習というプロセスを楽しんで

こんにちは
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

発表会まであと3週間!
さて、今出来ることはどんなことでしょう。
特に大人の方を想定して考えてみます。

うちの生徒さん達の平均像みたいなところではこの段階になるとざっくり通して弾けて、暗譜もまあまあ。
うんうん、いい感じにいけそうだわぁと、本番への手応えが感じられてくる段階。

さて、そこでどうする?!

◆細部の点検。
物作りじゃないですが、やはり細かい部分の見直しは大切。
演奏の安定、満足感、自信にも繋がります。

具体的には鍵盤から意識的に離れて譜面を見直す、演奏を録音して聴く、など。
その時大切なのが「見ないふり」をしないということ(^^ゞ
俗世間の見たくないものは見ないでもいいものも多々あることと思いますが、時空を超えて受け継がれている音楽作品にはじっくり向き合いたいものです。見れば見るほどに新たな発見が。
自分が少しでも納得できる演奏をしたいと思ったら、そこはキッチリ目と耳を啓いて向き合うこと。

なんとなく押入れに押し込んでパタンと戸を締めて無かったことにしてしまう、そこにあるのはずうっと知っていて片付けたいと思っていても自分で適当な理由をつけてはついつい先延ばししてしまう(私です・・・・)。
そんなアナタさまっ!押し入れの中身はともかく、演奏には是非向き合って細部の点検までじっくりしてみませんか。
なんとなく苦手と感じる箇所、実は曖昧になったままの音。
そこを確認し、よく弾けていないことを受け止めて、理由を確認しながら練習したいです。
指使いが曖昧、音そのものやリズムがあやふや、手の運び方や脱力がうまくいってないなど、見直して。


◆焦らない。

まだ先の発表会当日のことばっかり頭に浮かべては不安になっていませんか?
不安はまだわからないはずの先のことを考えることから生まれます。
不安育てに精を出しちゃっていないでしょうか。
「今ここ」の自分の演奏に集中できていれば焦らずに短時間でも質の良い練習に繋がります。

あと3週間しかない → まだあと3週間もある❤
今日も練習の時間が無い → 30分は練習できる。10分くらい譜面だけみてみようかな。
ここはやれること探しゲームをしたいです。

こんなふうに練習のプロセスをひとつひとつ大切に楽しんで。
その積み重ねが演奏に集中し、自分の演奏への満足感が得られる本番へとつながっていきます。
健闘をお祈りしています!

fc2blog_20170724105010bf7.jpg



関連記事

0 Comments

Leave a comment