左手の世界

こんにちは。
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

久しぶりにハマりました。
舘野泉 左手のピアノシリーズ
吉松隆さんの作曲です。



2009年初版なので既に知る方も多い楽譜と思いますが、遅まきながら今、出会っちゃったよぉ~はあ・・・。
昨日はピアノに向かった時間は基礎練習以後結局予定していた練習には入らず、全てこの吉松さんの左手ワールドにどっぷり。

弾き始めたらヤメラレナイ。

中でもカッチーニのアヴェ・マリアをエンドレスで弾いていました。
弾き終わると又最初から弾きたくなる、又もう一度この世界に浸りたくなる。
もうため息・・。

    

全曲すぐに音を出せる(連弾も易しいので両手を使うとひとりでそれなりに弾けちゃう)譜面です。
でも、易しいというよりは徹頭徹尾、優しい。音楽が全体に静かなんです。
優し過ぎてただ泣きたくなります。

そして何より左手だけでピアノを弾くことはこんなにも広く深い世界に導かれるものなのだと気付かされます。
森の中に踏み込んでみたら別世界が広がっていた!
そんな気分・・。
片手だけで演奏するならば機能的には右手だけよりは左手だけのほうがピアノには適していますが、メロディーラインと他の声部との間が嫌でもとれるというのでしょうか、たっぷりと歌を聴きながら弾く喜びが在ります。
左手だけを使って弾くことでこんなにも心地良く、呼吸と共に歌えるものなのだと。
左手の働きと脳の機能の関係からも言えるものとは思いますが、弾きながら映像的に音楽を捉えたり、見えない空気感みたいなものと常に一体になって演奏することが強烈に体感出来る。
そんな作品達です。

と、思いつくまま書きましたが。
ふふふふふ・・・。

左手の作品というとスクリャービンの小品やブラームスのシャコンヌの編曲が私はすぐ頭に浮かんでいましたが、これ以後この吉松隆作品を筆頭にあげたい気分です。吉松作品はその昔プレイアデス舞曲にはまって以来の嬉しい再会。
勿論、美しい作品が他にも沢山ある作曲家ですのでこれをお読みの皆さまにも是非触れてみていただきたいと思います。

大人の生徒さんを通じて知ったこの楽譜、ありがとうございます❤
関連記事

0 Comments

Leave a comment