発表会の選曲

こんにちは。
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

ゴールデンウィーク明け、今週は小学生さん達が取り組む発表会の曲を決め終えることが大事な仕事。
発表会は7月29日(日)森のホール(小ホール)。

大人は年明けから決めており、子供たちも学年が上の子達は既に決まっています。
残る数名の小学生さん達については今週中に決め、幼稚園、保育園児さん達についてはさらにもう少し先。
曲をあげるタイミングについても悩みながら・・・。

さて、子供たちの選曲について柱として考えていることですが

・魅力ある作品を
生徒達には本物の優れた作品に触れて欲しいと考えています。
大人になっても心に残る曲、出会って良かったと思えるような曲。
嬉しいことに3年生くらいになると子供たちは自分で得た知識などから「ベートーヴェンがやりたい!」「モーツァルトがいい」などと言うようになる子もいます。彼らの刺激になるのはゲーム音楽だったり、学校の授業だったり、音楽好きの家族の影響だったりと知識の得方はさまざまですし、有名な作曲家の作品を弾くってカッコイイかもというようなぼんやりしたイメージだけだったりします。入り口はなんであれ、ベートーヴェンを身近に感じてくれるのは先生十分嬉しいです❤❤。そこから先へ繋いであげたいです。
なので、こういう場合は出来るだけ希望に添えるような方向で選曲します。

・少し高いレベルの曲に挑戦
時間をかけて一曲に取り組み、人前で弾く。ほんの少し背伸びをした曲にワクワクしながら取り組んでみよう。挑戦してみよう。
そんな気持ちを持って欲しいと願いながらいつもよりも少し難しい曲を選びます。
ポリフォニックな要素が多い曲だったりすると生徒によってはこちらの予想以上に難しく感じてしまう場合もあるのでそのあたりは注意ですが。

・生徒に合った曲
これはやはりとっても大切。
難易度は勿論ですが、抽象性の高い曲、指周りの器用さを要求される曲、よく歌う曲などの曲の特徴がその生徒に合っているかどうかを常に頭に置いて選びます。先に生徒の希望を聞いて「今回は静かな感じの曲がいい」などの話をよく聞き出すことや、2曲くらい提示し生徒自身に選ばせることなども大切にしています。自分が取り組む曲、というやる気につながるように。
今年はそんな視点の延長線から既存の曲と自作曲を組み合わせて弾く予定で準備している生徒もいます。楽しみです❤

         fc2blog_201702201145206db.jpg

当教室の発表会はザ・ピアノ発表会。ド真ん中を行く内容で、ピアノ一本勝負!みたいなステージです。メニューはラーメンのみ、チャーハンは出さねえぞ、小麦繋がりで餃子まではいいか・・・・みたいな(笑)。
さまざまなスタイルの発表会があって良いと思いますが、ピアノ弾くぞ!の王道スタイルでこれからも行きたいと思っています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment