FC2ブログ

練習時間はどのくらい?

こんにちは。
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

「どのくらい練習したらいいのでしょう?」
よくある質問です。
納得できるまでやったらいいよね、というのが私の自分に対する答えですが、それを生徒や保護者の方にそのまま伝えるだけなのもイマイチ不親切な返事というものですね(^^ゞ
というわけで、練習時間の目安のお話を。

◆飽きるまでやらない
まず目安にしたいのがこれ。
集中も無くなり飽きてだらだらとピアノにむかって反復練習しているのはむしろマイナス。
音楽的な表現に結びつく練習とは言えないです。

子供が飽きてイヤイヤやっているようなら親はさっさとピアノから離れさせる言葉をかけたほうが良いでしょう。
練習してたら弾けるようになってきた!嬉しい❤
この感覚を大切にしたいです。

大人の感覚としては自分の集中が切れそうだなあという一歩手前が切り替え時。
ミスが繰り返されたり、飽きたかもと感じられるそのタイミングで別な部分に移る、視点を変えた練習をする、違う曲の練習をする、休憩する、など切り替えたほうが良さそうです。
これでもか!と完璧を目指して疲労感満載で反復を継続するよりは、そこそこのところで切り替え、又同じ部分を後でさらう、次の日さらうなどしたほうが良く弾けていきそうです。

◆何分弾く?何時間弾く?

求めるレベルによって個人差がありますが・・
人の集中はせいぜい20分とも言われます。長いスパンで考えても90分まで。
20分程度でいったんピアノの前から離れて水を飲んだり、スマホをチェックしたり、ほんの5分程度の切り替え時間を作る。
それをワンセットとして何セットか続けるような意識で取り組んでみるのはいかがでしょうか。
小学生くらいから使える練習のタイムマネージメントかと思います。

大人の場合長い休憩をとってしまうとピアノに戻るための意識の切り替えが必要になってしまい音楽への集中が途切れてしまうので、その日のトータルな練習時間を予め予定した中で小さな切り替えを上手に組み込むようにしたらいいでしょう。
私の場合、2時間位弾いた後買い物に出てから又弾こう~♪とすると帰宅後のピアノスイッチが上手く入らない感じになってしまい、結局はいまひとつクオリティの低い残念な練習になったりします(¯―¯٥)。
4時間まとまって時間が取れるなら4時間、レッスン室を中心に弾き篭ったほうがいい感じです。

3歳4歳ちゃんくらい
なら5分でもいいと思います。
それを一日何度か。
次第に10分、15分位まで持続できるように。
幼児の場合時間感覚は持てないので「1回弾こうね!」と回数を示したり、ご飯の前に弾いてみようね、というよな練習のタイミングへの工夫が必要です。

コンクールや受験を目指すような方の練習で、乗っている時は何時間でも平気でぶっ続け、みたいな方もいるでしょう。
トータルで一日8時間くらい、要するに一日中弾いている場合でも、次の日に疲れを残さない感覚、集中が途切れていないかを見失わないのは大切と思います。

            

最近の私(57歳)の練習は、時間が取れるときでもせいぜい一日4時間から5時間程度です。
それ以上は頭も身体も疲れて集中が落ちるようなので、止めています。だらだらし始めちゃう感じで、あーだめだ~~止めよう、と。
まとまって時間をとるのも必要ですが、忙しくても一日1時間、2時間程度の練習時間を確保して毎日弾くほうが手の調子も頭の働き具合も良く、練習が進むのが実感です。

いい練習を重ねると弾けるようになる。
ある段階までは結果に結びつきやすいのがピアノです。
質の良い練習時間を!
関連記事

0 Comments

Leave a comment