FC2ブログ

子供の聴音

こんにちは♪ 松戸駅東口の礒山久理ピアノ教室です。

ソルフェージュのレッスンには一貫して力を入れています。
狙いは総合的な音楽の力をつけること。

そのひとつに聴音のレッスンがありますが、ここ1年ほど?でやり方を見直しています。
これまではレッスン開始時期から小学校低学年くらいの間は「音あて」と称して1~2小節のフレーズを聴いて歌うということを繰り返していました。
学年が進み耳が出来てきたと判断出来る生徒はテキストを使用してのリズム読み、視唱のみになり、聴音までの時間は普通はとれないのが現状でした。

いやいや、ちょっと待て。
1時間のピアノレッスン時間内でもノートに書き取る聴音を小さいうちからもっとやらせてもいいのかも・・。

個人差は勿論ありますが小1くらいから書き取りの聴音をサラサラやれる生徒もいます。
楽譜を書くことを面白がる子もいます。
楽譜を書くことはそのまま楽譜のしくみの理解にも繋がります。
聴きながら素早く書きとる。
音への集中力アップ、読譜の速さアップなどやはり書き取りの聴音は効果大と感じています。

使用テキストはこちら。



耳の良さなら負けないっ。
神社のぽっぽさん。
関連記事

0 Comments

Leave a comment