FC2ブログ

バレエの本番終わり!

8時間の大本番終わり!
大変なお仕事だーー💧っと、正直なところ引き受けてからしばらくは、なんだかなあ・・と重く感じていました。
アレンジもしなきゃならないし、練習時間もとらねばどうしようもない、で、この曲にバレエの振り付けがどうつくの?何人分弾くの?どんな進行になるの・・・とぶつくさ言っていた準備期間。
が、久しぶりのバレエの現場は蓋を開けてみればやっぱり楽しかった❤

リハーサルで3回稽古場に行き、テンション上げていざ本番当日。
二人のピアニストで6つに分けられたプログラム全体(ゲストダンサーさんとのパドゥドゥなど一部CDも使用)を例えば3曲弾いたら交代し、というふうに弾き分けました。
バレエスクールの生徒さん達一人ずつのソロに対して弾くのでプログラム数にしたら80?90?近く?ありそうです。
私の担当だけで実質演奏時間4時間25分ほど。
金平糖のバリエーションだけで7人分。ミレドシラ?ソファミレド?どっちっ?!!(わかる人にしかわからない話でごめんです。)みたいな💦ところもありましたが、白雪姫さんやらアナ雪やらはノリノリで弾け、楽しめました。
私が担当した最後はレ・シルフィード、ショパンのワルツ。疲労で肩から背中がぱんぱんになっていましたが、これは何が何でも外したくないとばかりに心を込めて集中を振り絞るように弾きました。なかなか無い演奏経験です。
兎に角さしたる大事故も無く弾き終えられて、良かった、ほっ・・・の一言に尽きます。

本番と言ってもステージの奥の方、舞台袖に近いところで両脇からダンサーさん達が出て行くような感じの場所で弾きます。
ピアノ用のライトはつけていただいてるとは言え、若干薄暗く、見にくい譜面と鍵盤にかじりつく感じです。
視線の移動が怖い怖いwww
弾くこととダンサーさんを見ることと進行に乗ること(これ大事)と、兎に角集中力との戦い!!
音先、板付き、などダンサーさんが先に舞台に出るか音が出てからダンサーさんが出るかなどありますが、いずれにせよピアニストが弾きださないと何も始まらないですし、曲を間違って進行を妨げたら大変ですから!


でも、無事弾き終えられたのは本当にいい雰囲気の現場であったこと、お話を下さった旧知のピアニストさんが私へ事細かに気配りして下さったこと、ご一緒する皆さんが前向きにぐいぐい仕事に取り組んでいる空気だったことが大きいです。
出演者もちびっこさんから卒業生の新国ダンサーさんまで皆さん高い意識で本番に向き合っていることがひしひしと伝わり、本当に充実した一日でした。

主宰の先生からは

「客席からとっても好評!!やっぱり生のピアノはいいわねって。生徒達もいつもよりも音をよく聴いて踊れているのよ!!又2年後には絶対お願いします❤」とのお声をいただきました。ひい・・喜んでいただけて何より。
全ての生徒にソロを、それもピアニストで。なんていう企画をやり通してしまう熱意、行き届いた指導と落ち着いて明るい雰囲気の現場は主宰の先生の姿勢、力量だなあと学ばせて貰いました。
素晴らしい本番体験をありがとうございます❤

カヨ・マフネクラシックバレエスクール/NARITAシティジュニアバレエ団

カヨ・マフネバレエ
関連記事

0 Comments

Leave a comment