ひとりひとり違っていい

一人一人がそれぞれOKであればそれが何より素晴らしいこと。

Aちゃんはドドドと一本指で弾けたら、すごーい!!やったね!
B君は教則本の進みはゆっくりだけどピアノの音が深くて安定して、とてもよく耳をすまして弾ける。それはちゃんと聴く人の心に届く音楽になっていて、すごーい!!
Cさんは少しぶきっちょだけど音楽の歴史の本を読んだりするのが大好きで自分が演奏する作曲家のことを楽しそうに話してくれる。すごーい!!
Dちゃんはイメージをふくらませるのがとても上手で曲に物語を作ってくれたりしながら楽しんで弾くのが得意。すごーい!!

本当に本当にみんな違ってそれで全くオッケーです。
違うからオッケーです。

先生は一人一人の違いを引き出したり、受け止めたりしながら、音楽的に正しいとされる基本的な習慣を身につけていけるように導いていくだけです。楽譜の読み方、リズムのとりかた、歌い方、耳をすまして音に集中する、響く音を出すための体の使い方、など。

パパ、ママ、他の子と比べて落ち込まないで。
誰かと比べて私はどうせ下手くそなんて自分を責めないで。

12月は勉強会。
ひとりひとり、どんな違いを聴かせてくれるかな。
楽しみです。

fc2blog_201702201145206db.jpg

関連記事

0 Comments

Leave a comment