こんな感想をいただきました

先日のティータイムコンサートの感想をメールなどで改めていただいております。
言葉の数々、とーーーっっても励みになります。
ありがとうございます♡♡

お二人分、ここに掲載させて貰います。
なお、両名とも私の生徒です。
(掲載確認済)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆シューマン、ブラームスは響きが素晴らしく、空気が揺れている感じでした❤
先生のブラームスは、何度も聴かせていただいているのですが、いつ聴いても新鮮な感動があります。
モーツァルト2楽章が本当によかったです~。
いつか私も2楽章を弾けるようになれたら…と思いながら聴いていました…😢
アンコールでトロイメライも弾いていただけて…大満足で帰りました。
(バレエピアニスト 女性)

◆先生のピアノ、ずっとこのまま聴いていたいと思いました!
今回の息遣いというテーマにピッタリな曲を選曲され、どれもとても丁寧に演奏されていて、お忙しい中でも音楽に真摯に向かわれていることに本当に感銘を受けました。
特にシューマンは場面ごとに性格がガラッと変わって、ノヴェレッテンはこういう曲だったのか!と分かりました。
ブラームスの間のとりかたや音のバランスも、とても心地よかったです。
アンコールのトロイメライもほっとするような響きで、私の隣の隣に座ってる方も唸っておられました。
相山さんのテノールとトーク、斎藤さんの伴奏も最高でした。
アコスタディオでの響きがとても合っていたと思います!
音楽は人にとってコミュニケーションの手段であったり、癒されたり、心を動かされたり、そういうものだということを再認識しました。しばらくピアノと向き合ってなくて耳が音楽を忘れかけてたのですが、だからこそ純粋にバイアスがなく聴き色々感じとれた気がします。
私も今はなまりになまった指しかないですが、良い音楽を発信したいです。
頑張ろう!と思いました。ありがとうございます。
(大学院生 女性)

関連記事

0 Comments

Leave a comment