ピアノ、遅く始めても

自分で自分にブレーキをかけないで。
やりたかったらその時出せる本気をめいっぱい出してやったらいい。

やりたいことをやるのだから他人から見たら厳しい努力と見えることだって本人にとっては楽しくてしょうがないこと。
ピアノを始めるのが遅くても、やりたいと思ったらその時が始め時。
大切なのは自分に言い訳せず、どれだけ覚悟を決めるか。
そうすればちゃんと道は開けるよ。


先生はいつからピアノを始めたの?
今はこんな風に答えることが出来ます。
勿論、30年以上のその道のりは有象無象に魑魅魍魎?!な歩みではありますが。

なにせ普通の大学を終わろうとする22歳、アナタハ本当に何がしたいの?と深く自問自答して音楽の道を選択しました。
就きたい先生がいないなど生意気を言いながらずっと勝手気ままに弾いていた私です。
父が亡くなった後の大学進学。卒業後はちゃんと就職するのが当たり前だろうという時、お金も無く応援してくれる身内も無いままよく決めたね、と自分を褒めてあげたい人生の選択です。


       兎に角まっしぐらに進むひと(^^;;

          
関連記事

0 Comments

Leave a comment