FC2ブログ

二段飛ばしで伝えたいこと

バイオリニストの千住真理子さんが語られた、お母様についてのエピソード。
母の力はすごいなあと素直に感動します。

小学生の真理子さんがバイオリンの練習中、小さな跳躍を伴って上昇していく箇所(例えば♪ソドミソー・・・)をさらっていたところ、お母様が
そこはそんなふうに平坦に弾くのではなく、こう、ぐんぐん登っていく感じじゃないの?
と言いながら階段を二段飛ばしくらいで上がり始めたそうです。
そうやって何度も汗ばむほどに階段を上って見せては上昇するフレーズの性格が理解できるように娘に伝えたと。
真理子さんはそのお母様の姿をしっかり覚えていらして今の演奏に繋げていらっしゃるようです。
サン=サーンスの曲のお話だったでしょうか?

ラジオで静かに語られたエピソードですが、母、すごいです。
どんな大先生のレッスンもかないません。


聴いていたのはこちらの番組です
NHK‐FM DJクラシック 千住真理子の恋するバイオリン 
関連記事

2 Comments

hisari  

興味深いお話をありがとうございますm(_ _)m
フェイスブックの方でも紹介させていただきます。

2017/04/25 (Tue) 21:46 | REPLY |   

不肖の夫でございます  

ファインマンの素敵なお父さん

どっかで似たような話を聞いたことがあるぞ、と思ったらファインマンでした。

恐竜だかの図鑑だかを見ていて、これはすげえデカイんだぞ、
ほれそこの建物と同じぐらいの背丈で、一番上の小窓あたりに目があって、
その下の大きい窓あたりが口だ。。。などと想像力をかき立てる話し方を
いつもしてくれたんだとか。
ちょっと語り口が違ってますけど↓
http://youmei.asablo.jp/blog/2008/12/04/3991523

そんなお父さんが、後年物理学者として大成した息子ファインマンに
原子構造の非常に基本的なことを質問して、それにうまく答えることが
できず、ついにお父さんを納得させることができなかった、という話が
対になってたと記憶しています。(記憶違いかも)

2017/04/25 (Tue) 15:21 | REPLY |   

Leave a comment