FC2ブログ

リビング音楽

お子さんがピアノのレッスンを受け始めたお母様から家庭の音楽環境について尋ねられることがあります。
心がけとして意識してあげたいのは家族が会話を交わしながら自然に音楽を楽しめる環境を作ることでしょうか。

さあ聴きましょう、ほら聴いてご覧なさいなどと(脅迫か?!)改まって膝を正して・・なんていうのではなく、リビングで自然に音楽が鳴っていてたまに適当にその曲や演奏について会話できるような環境を作れればいいのではないでしょうか。
リビング音楽。

私は小学校入学前からさまざまなレコードを自由に聴いて育ちました。
チャイコのバイオリンコンチェルトからショパンなどのピアノ曲、ジャズ、世界の民謡、童謡、シューベルトの歌曲などなどなど。
みんな4歳、5歳の頃の記憶です。
その体験が音楽的な耳を作る土台になっているのだろうと実感しています。
好きな音楽をステレオで聴きホーダイにほったらかしておいてくれたこと(^^ゞ
親に一番感謝していることです。

家庭の中に自然に音楽が鳴っている。
楽しむことは勿論ですが、良い演奏がどんなものか知らなければ自分が良い演奏に向けて練習していくことは難しいのではないでしょうか。良い演奏に常に触れている(聴く)ことで土台となる耳作りに繋がるのではないでしょうか。

家庭でごく自然に音楽が流れ、時に耳を傾ける。どういうものを選べば良いの?という質問もあります。
とりあえずなんでもいんですが・・NHKのFMなどをかけっぱなしにする、ネットラジオのクラシックチャンネルをかけっぱなしにする。
まずは手軽に始められる音楽環境作りとしてオススメです。


ここからはちょっと自慢話m(_ _)m 写真ではあまりお見せできませんが(^^ゞ、夫お手製アンプ❤で組み立てられたオリジナルのオーディオセットのスピーカーの一部です。普段食事をするリビングに置いています。落ち着いたかなりいい音を出してくれていますから、レッスンや自分の練習で疲れた耳でも更にオーケストラの演奏などを十分聴く気にさせてくれます。


関連記事

0 Comments

Leave a comment