良いピアノと出会う

ピアノの上達には自分の努力に加え、良い先生に出会うということが欠かせません。
それともうひとつ大切なのは日々の練習を支えてくれる楽器。

家庭で日々練習に使うピアノはとても大きな役目を果たしてくれます。
自分の音楽のパートナーとも言えますし、先生とさえ言えるのではと思っています。
毎日毎日一番長く接し、自分と対話し、演奏を作り上げていく大きな役目を果たしてくれるのが家で弾くピアノです。
自分のタッチを作り、音色の変化に対して敏感に反応できる指と耳を作り、自分の表現の幅を育ててくれるのは日々弾いている自宅のピアノです。

その役割の大きさは私自身とても強く実感しています。子供の頃のアップライト、最初のグランドピアノ、買い替えて2代目となって今に至るグランドピアノ。それぞれに思い入れはあり、その時々なりに素直な良い楽器に恵まれました。それぞれの楽器が響きの楽しみを教えてくれ、一音ずつ丁寧に音を紡ぎ歌うことを教えてくれ、さらに細やかな音色の変化の世界があることを教えてくれたと思います。特に今のボストンに変えてから自分自身の変化を大きく実感しており、以来「楽器は先生」と生徒達に伝えています。
又更に新しい出会いを・・・と目論んでいるのですが・・・・(^^ゞ

昨日、生徒のグランドピアノ購入に立ち会う機会をいただきました。良い楽器と出会うことでこれからどんなふうに成長するか楽しみだなあと、春が一足先に来たような気分です。

関連記事

0 Comments

Leave a comment