ニーバーの祈り

心にいつも置いてある言葉です。
時々思い起こしては自分に言い聞かせています。
こんなふうに物事を捉えていくと余計なストレスを抱えずに進んでいけます。
新年の目標たてられた方もそうでない方も、いかがですか?

もともとアルコホーリクスアノニマス(AA)など依存症患者同士の自助グループによって採用され、広く世間に知られるようになったもので、微妙にニュアンスの違うさまざまな訳で出ています。
特に家族関係など身近な人間関係について悩んだり立ち止まったりした時、一歩進むために背中を押してくれる言葉です。
過去と他人は変えられない。変えられるのは自分のみ・・ですね。

ーーーーーーーーーーー
神よ
変えることのできるものについて、 それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

変えることのできないものについては、 それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

そして、 変えることのできるものと、変えることのできないものとを、 識別する知恵を与えたまえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳しくはWikipedia ニーバーの祈り
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A5%88%E3%82%8A
関連記事

0 Comments

Leave a comment