礒山久理ピアノ教室

archive: 2017年08月  1/1

カッコよく!

リタルダンドって、どうやって弾くのかな?ここまで来たら・・すっごく速く弾く? だんだんゆーーっくり弾く?・・・それとも・・・ ちっちゃく弾く?カッコよく弾く!!へ??カッコよく弾く!!!そっかあ(о´∀`о)真剣そのもので真っ直ぐ私の顔を見てきっぱりと言う小一女子。うん、スゴイぞ。今日からリタルダンドはカッコ良く弾こうと思います。                 ...

  •  0
  •  0

ピアノの先生もストレスケアが必要

8月8日のブログではレッスンで生徒が受ける心の傷について書きました。心の傷・・・・先生はどうでしょう?好きなピアノを仕事とすることは他と比較できないほどの日々の充実感につながります。が、それでもやはりレッスンでの悩み、ストレスは随分と大きなものがあります。一人で無意識のうちに溜め込んでしまう先生方も少なくないでしょう。ピアノの先生の仕事は一般にはなかなか見えにくいもの。わかってもらえる相手も限られて...

  •  0
  •  0

ピアノ・レッスンで受ける心の傷

とってもデリケードな話ですね、これ。熱心なピアノの先生が生徒に向けて、上達して欲しい一心で掛ける言葉。それが生徒にとっては時に人格を否定されたような感覚になってしまうこともあるということ。これは私を含め個人レッスンという密な人間関係の中では事の大小を問わずいつでも起こりうることです。ただ、先生の側が指導者としてプロ意識を高く持つことで避けられる場面もあります。そこに意識を向けられるようでありたいも...

  •  0
  •  0

楽しかったね!

発表会までのレッスンで、とても印象に残ったこのひとこと。本番近くなり、先生との連弾「春がきた」(吉田洋編曲)を通し終えた時、にっこりと「楽しかったね!」と言ってくれました。幼稚園年長さん、発表会デビューの女の子です。内心びっくりし、そして勿論とても嬉しかったです。弾き終えての一言ですから、その楽しかったねの意味は連弾が楽しい、弾くことが楽しい、この曲が好きというような音楽的な楽しさを意味する言葉(の...

  •  0
  •  0