category: 曲のお話  1/2

左手の世界

こんにちは。松戸駅東口礒山久理ピアノ教室です。久しぶりにハマりました。舘野泉 左手のピアノシリーズ吉松隆さんの作曲です。2009年初版なので既に知る方も多い楽譜と思いますが、遅まきながら今、出会っちゃったよぉ~はあ・・・。昨日はピアノに向かった時間は基礎練習以後結局予定していた練習には入らず、全てこの吉松さんの左手ワールドにどっぷり。弾き始めたらヤメラレナイ。中でもカッチーニのアヴェ・マリアをエンドレ...

  •  0
  •  0

ブラームス 弦楽6重奏曲第1番第2楽章

いい曲です。クララ・シューマンに捧げられたというだけあってロマンティックに捉え過ぎると気恥ずかしくもなるくらい情緒的な旋律ですが、いやいやそこはブラームス。骨太で男性的。明快な構成で深い諦観と内省の世界へと導かれます。これがピアノ曲として作曲者自身の編曲になっているのは案外知られていないのでしょうか。今年の礒山久理ピアノ教室の発表会で愛好者さんの大人が挑戦します。もう軽く十数年以上前になりますが、...

  •  0
  •  0

エリーゼのために

美しい題ですね。タイトルに文字を入れ、しげしげ眺めていると改めてそう感じます。子供の頃この曲に憧れたわ・・・という方は多いでしょう。あの「運命」の第5交響曲を作ったのと同じ作曲家ベートーヴェンとは知らずに弾いたり、窓辺から流れてくる音に耳をすまして聴いたりしていた方もいらっしゃるでしょう。今もやはりこの曲にそうやって惹かれる子供達がいるのは少し驚きでもあり、そうだろうなあと納得でもあります。私はと...

  •  0
  •  0

トルコ行進曲は人生の応援歌だった!?

最近モーツァルトを弾くのが楽しくてと3月24日に書きましたが、更に益々、以前にも増して楽しさ度がアップしてまいりましたよ♪弾いているのは6月12日のコンサートにむけ、かのトルコ行進曲付きのソナタです。一楽章のエレガントで優しさ溢れるテーマからちょっと宮廷風な2楽章のメヌエットを経て3楽章になってあのトルコ行進曲。トルコ行進曲のあの有名なテーマ、これまでは正直さほど魅力を感じていなかったのですが、今弾きこむ...

  •  1
  •  0

モーツァルトが楽しい!

いやあ、最近モーツァルトを練習するのが楽しいんです!モーツァルトを楽しいと感じる自分がいることも楽しいです(笑)。これまでにも勿論弾いてますし、好きですし、ベートーヴェンよりは自分に合うのは自他共に認めるところなのですが、ようやく、「あ、弾ける・・・❤」と感じられるようになりました。苦節30年?とか・・・・。これはなによりもまずテクニックの改善によるものが大きいです。脱力し、指の付け根の関節を使っ...

  •  0
  •  0

ベートーヴェンピアノソナタ講座

当教室門下生4名が受講生となり「ベートーヴェンピアノソナタ講座」が行われました。場所は礒山久理ピアノ教室のレッスン室です。講師はアマチュアピアニストとして演奏やマスタークラスの通訳などで活躍する村上雄介さん。カーティス音楽院が無料で提供しているオンライン講座(英語)を優秀な成績で終了した彼がその内容をシェアして下さったものです。13:00から始まり18:00過ぎまで休憩を挟みながらベートーヴェンにどっぷり...

  •  0
  •  0