礒山久理ピアノ教室

松戸駅東口。レベルアップする丁寧なレッスン。レッスンのお申込み、演奏依頼はメールフォームをご利用下さい♪

練習というプロセスを楽しんで

こんにちは
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

発表会まであと3週間!
さて、今出来ることはどんなことでしょう。
特に大人の方を想定して考えてみます。

うちの生徒さん達の平均像みたいなところではこの段階になるとざっくり通して弾けて、暗譜もまあまあ。
うんうん、いい感じにいけそうだわぁと、本番への手応えが感じられてくる段階。

さて、そこでどうする?!

◆細部の点検。
物作りじゃないですが、やはり細かい部分の見直しは大切。
演奏の安定、満足感、自信にも繋がります。

具体的には鍵盤から意識的に離れて譜面を見直す、演奏を録音して聴く、など。
その時大切なのが「見ないふり」をしないということ(^^ゞ
俗世間の見たくないものは見ないでもいいものも多々あることと思いますが、時空を超えて受け継がれている音楽作品にはじっくり向き合いたいものです。見れば見るほどに新たな発見が。
自分が少しでも納得できる演奏をしたいと思ったら、そこはキッチリ目と耳を啓いて向き合うこと。

なんとなく押入れに押し込んでパタンと戸を締めて無かったことにしてしまう、そこにあるのはずうっと知っていて片付けたいと思っていても自分で適当な理由をつけてはついつい先延ばししてしまう(私です・・・・)。
そんなアナタさまっ!押し入れの中身はともかく、演奏には是非向き合って細部の点検までじっくりしてみませんか。
なんとなく苦手と感じる箇所、実は曖昧になったままの音。
そこを確認し、よく弾けていないことを受け止めて、理由を確認しながら練習したいです。
指使いが曖昧、音そのものやリズムがあやふや、手の運び方や脱力がうまくいってないなど、見直して。


◆焦らない。

まだ先の発表会当日のことばっかり頭に浮かべては不安になっていませんか?
不安はまだわからないはずの先のことを考えることから生まれます。
不安育てに精を出しちゃっていないでしょうか。
「今ここ」の自分の演奏に集中できていれば焦らずに短時間でも質の良い練習に繋がります。

あと3週間しかない → まだあと3週間もある❤
今日も練習の時間が無い → 30分は練習できる。10分くらい譜面だけみてみようかな。
ここはやれること探しゲームをしたいです。

こんなふうに練習のプロセスをひとつひとつ大切に楽しんで。
その積み重ねが演奏に集中し、自分の演奏への満足感が得られる本番へとつながっていきます。
健闘をお祈りしています!

fc2blog_20170724105010bf7.jpg



只今調律中

こんにちは。
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

毎年この時期になるとピアノの調律をお願いしています。
自分が弾く上にレッスンでも子供から大人の上級者まで毎日毎日鳴らしている我が家のピアノ。
かなり使用頻度は高いですが、楽器の状態もまあ安定しているので今は年一回、梅雨明けくらいにお願いしています。

音程、音質など気にしだすとキリがないのですが、日々のご機嫌も変わる生き物なので、勿論ほったらかしにはせず、過保護にもせず、神経質になり過ぎず、イイコイイコと年一回のメンテナンスで良しとしています。


バレエクラスを弾いていると中にはとんでもない状態のピアノに出っ食わします。
温度湿度が過酷に変化するバレエのお稽古場はピアノにとってなんとまあ辛い場所でしょう。鍵盤が上がらない、部分的に音が出ない、などなどゲゲゲな状態のピアノはかなりあります。
嗚呼なんて可愛そうなピアノ・・といたわりつつもヨシヨシ、イイコイイコ・・みたいな気分でそんなピアノを弾くのも案外好きだったりするので、コンサートホールの素晴らしいピアノはそれはそれ、ちょっとかわいそうなピアノもそれはそれでピアノ一台一台の個性を受け入れて楽しむのも又いいものよと思っています。
何より可愛そうなのは忘れられたピアノ、かな。鳴らされないままのピアノ・・・。

ま、日常弾くピアノは自分の耳を育てるものでもあるので出来るだけちゃんとメンテナンスしてあげたいです。

ピアノという楽器、大きいし、構造は複雑で繊細だし、それなりに勉強したとしても中途半端においそれとワタクシごときがメンテナンス出来る代物でもないなと私の場合割り切ってつきあっています。
ハンマーを自分で買って調律に手を出したい衝動も無きにしもあらず(笑)なのですが、やはりそこは信頼できるプロ中のプロの技術者さんにお任せします。腕の良い調律師さんに診てもらえるとピアノも喜ぶというもの。


調律したてのピアノを弾くのは心地よいお風呂につかったような感じ。
「ああさっぱりした!」
わかるかなぁ・・・。

今終わって、弾いてみましたが、ハンマーのフェルトも少し削っていただき、格段に弾きやすくなりました!!!
高さんいつもありがとうございます❤



コチラ↓何の意味がある写真かというと、ピアノの上に乗っていた楽譜をリビングのテーブルに移動させたの図。
山3つ。
調律が終わったらそのまま又ピアノの上にお戻りいただく・・かなあ・・・(^^ゞ

   

本番までの一ヶ月何をする?(Manya53号より)

こんにちは。
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

Manya53号から転載です。
今回は発表会特集!
お教室の生徒さん向けですが、皆さんの参考になることは多いと思います。
参考にしていただければ幸いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
発表会特集 本番までの一ヶ月何をする?
発表会まであと一ヶ月。今年は8年ぶりに大きなホールでの会です。今回初めて出演するちびっこちゃん達も多く、ホントに弾けるの?とご家族はドキドキでしょう。楽しんで参加していただけるよう今回は演奏者、家族の皆さんへ発表会準備のためのお話を。

発表会に出ることのメリットって何?

・聴いていただけること。自分の演奏、頑張ってきたこと、それに対して多くの方からフィードバックを貰えるというのは大きな励みになり、次のステップへ繋がります。温かな拍手をいただけることの嬉しさを是非感じて欲しいです。

・聴けること。自分の演奏を聴いて貰うだけでなく他の同門の方々の演奏を聴けること。こんな素敵な曲がある、自分も弾いてみたい、私もあんなふうに弾きたい等、刺激を受け合えます。大きな拍手を贈ってあげたい!

・コンサート用のピアノやホールの響きを体感する。ピアノは一台ずつ違った特性があります。コンサート用の大きなグランドピアノはアップライトとは全く違う性能の楽器です。レッスン室のグランドとも違います。コンサート用のグランドピアノをホールの音響効果の中で弾くこと。その体験から学ぶことはきっとたくさんあるはず。

・仲間作り。楽屋での待ち時間は普段なかなか出会うことの無い他の演奏者、保護者の方々とお話する良い機会です。練習の悩みなど同じ先生にレッスンを受けている人ならではのお話が出来るはず。互いにOKならアドレスの交換などもしちゃいましょう。

発表会まで、どんなことに気をつけたらいいの?

★ ホントに弾けている? 視点を定めてチェック
・ミスしやすい箇所の原因をはっきりさせる。指使いは?音そのものが実はわかっていないのでは?ペダリングは? 
部分的に取り出して繰り返し練習→その前後を加え2~4小節単位で練習→さらに長いフレーズを通す。
★ 暗譜を確実に
・楽譜のどこからでも弾けるようにする。ゆっくりめのテンポ、ペダルをとって音を確認。
・何度も繰り返し弾き込む。練習で2度、3度と安定して通して弾けるようになったら自信に繋がります!
★ 楽譜を見直す
・調性、拍子、形式、構成を再確認。・フレーズを理解して自然な呼吸で弾けているか。・どんなイメージ?
・強弱、リズム感、和声感など譜面に書かれたことが表現出来ているか。作曲家、そして自分の表現したいものは?
★ 家庭内リハーサルをする
・お辞儀を含め本番のつもりで通して弾く ・誰かに聴いて貰う。誰もいなければぬいぐるみなどをお客様に見立てて弾く。
・録音して聴く。スマホの動画なども活用。
★ 衣装のチェック
・靴、ドレス、アクセサリーなど本番通りの衣装を身につけて弾く。
 ペダルは踏みにくくないか、袖やスカートの裾周りなど気になって弾きにくいところはないか。
★ リラックスを心がける
・本番では必ず緊張します。それは当たり前だと受け入れてしまうことも大切。緊張には深呼吸をゆっくり繰り返すのがおすすめ。
・イメージトレーニング、暗示などの方法を取り入れる。このハンカチを持っていれば落ち着けるなど自分独自の「おまじない」を決めておくのもおすすめ。日常生活もリラックスを心がけて。子供のリラックスは家族のリラックスから。

fc2blog_20170724105010bf7.jpg

「添うこころ 精神分析臨床メモ」

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
こんにちは。
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

本の紹介です。
「添うこころ 精神分析臨床メモ」 木田恵子

ひょんなことから出会った大学の先輩に当たる方から「これ二冊持っているから」と手渡された一冊。
読んでみると題そのまま、静かに語りかけてくれるような文体から芯の通った優しさと深い見識に基づいた知恵を受け取ることができます。
子育てに悩むパパ・ママ、又特に祖母祖父の世代にとって疲れた気分をそっと鎮めてくれるような本です。

     

著者(故人)は
「私は医者でも学者でもなく、ただ事の成り行きで古沢先生(日本精神分析学会の創立者で同会名誉会長)のような最高の指導者を得て精神分析の道に入った者なので」(原文引用)
という方。

1992年出版の本なので今の時代にそぐわない部分もありますが、多くの現場の事例をもとに、表面に出てくる一見困った行動のもとにはこんな深い背景があるものだ、又そんな時こころに添うということはこういうことなのでは、ということを伝えてくれます。

中の一文より。
「また、仏教には「大悲同感」という言葉がありますが、これは苦しみ悩んでいる人に、「私はこうして救われた」と言っても、その人の場合に同じにゆくものでないから役に立たない、その人の身になって一緒に涙を流すことで相手は救われる、(略) 人は一人ひとり微妙に違うからで、その一人ひとりの違いをゆっくり受け入れ抱きとめることが、こちらの思いつきで何かしてあげることよりずっと大事なことなのです。」

禁止令「考えるな」

こんにちは。
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

5月14日の記事で禁止令について書きました。
禁止令とはカウンセリングの手法「交流分析」の考え方で、子供の頃に養育者(親)から受けた影響で生じた心の縛り、ブレーキのようなものです。誰にでもあります。
今日はその中の一つ、能力に関する禁止令「考えるな」について、考えます。




◆「考えるな」に繋がる言葉
こうしたほうがいい、あなたにはまだ出来ないからこっちのほうがいいでしょ、
何言ってるの、これはこうに決まっているでしょ。
ほらほらこうしなさい、こうでしょ、正しいのはこうよ、あなたには無理よ、私がやってあげるから。
はい、これ使ってねと相手が求める前に先回り、そうかもね~でもこっちのほがやっぱりいいんじゃない?と決定権は大人側。

親切心から動いているつもりでも、実は相手の自立を妨げているようなこと、ありがちです。
このような言動が日々繰り返されると、結果として相手の思考を奪ってしまうようなことに繋がっていきます。
過保護、過干渉、否定、一見相手の考えを聞いているようで実は自分の意見に従うようにさせてしまう操作的な態度。
そんな関わりから生じるのが「考えるな」の禁止令。

街の中に溢れる親切過ぎるアナウンスなども「考えるな」に通じる支配を感じます。個人の思考や選択を奪われてないだろうか? これはなかなか日本人にとって根深いものです。




◆「考えるな」の影響
「考えるな」の禁止令を持つ人は、自分で考えられない、決められない、考えようとしても頭が真っ白になってしまう、不安。
結果、指示がないと動けない、常に人に同意を求めてしまうなどの人。

子供のピアノのレッスン場面で思い浮かべてみます。
こっちの曲とそっちの曲どっちがやりたい?どっちが好き?と訊かれてもじっと沈黙・・・「わからない」。
今の弾き方はどうだったかな?テンポは?ときかれても、沈黙。「わからない」というのがやっと。
心に何かはある感じだけど、言葉が詰まっているようで言えない、考えをまとめて言葉にできない。
言ったら怒られるような気がする?否定されてしまう気がして怖い?
正解を言わないといけない、そう強く思い込んで固まってしまっている?
表情や体の状態からはそんな様子が伝わってきます。

逆に「考えるな」の影響を受けていなさそうな子の場合、
こっちがいい!こっちが好き、これかなぁ、こうやったらどうかな、それイヤだ!と意思表示できます。
え!なんで?こうじゃないの?というふうに質問や疑問も自然に話すことができます。
間違ったら、そうか~と認めて直そうとします。

◆どう対応する?
完璧じゃなくていいよ、自分の考えを言っても大丈夫。
まずそんな受容的な姿勢で接するようにします。
いきなり「どう思う?」と尋ねられてもフリーズしてしまうので、質問事項を絞ってできるだけ具体的にして考えさせたり、選択肢を用意して「1番かな、2番かな?」と答えやすいようにする方法も。

とはいえ、私にとっては生徒がこういった状態にある場合、考えや言葉を引き出すのはなかなか難しいなあと感じることがしばしば。こちらも困ってしまい、緊張状態になってしまいそうです。まずは私自身がゆとりを持って受け止めたいものです。
考えさせようとして言葉が出るのを待ち過ぎるとかえって追い詰めてしまったりします。
言えないことにこだわりすぎないようにしながら焦らず気長に接したいです。
完璧じゃなくてもいいよ、間違っても大丈夫、自分の考えを言っていい、という安心感を感じてもらえるように。
ひいては自分の音楽に向き合っていくことへと繋がっていくはず。


記事内容とは全然関係無いナスの漬物。
ぬか漬けにはまってます。美味しいですよ~。
失敗繰り返しての再々?挑戦です。ぬか床も大切に育てたい。

ピアノの先生選び、どこがポイント?

こんにちは。
松戸駅東口
礒山久理ピアノ教室です。

6月に入りレッスンのお問い合わせが増えました。
ありがとうございます。
4歳ちゃんくらいの体験レッスンも何件かお申し込みいただいており、若いお母様方と話すうちにこんな質問をいただきました。

「子供のピアノの先生ってどうやって選べば良いのでしょう?
プロフィールを見るとみなさん格好よくてスゴイし。結局近いってことで・・・」

なーるほど。

今はネットで探すのが当たり前で、御月謝など諸条件はウェブ上でわかるにせよ、あとはどう考えて選べばよいのかな?と腕組みしちゃうのかもしれませんね。いいピアノの先生というのは人によって様々だと思いますが、小さいお子さんの初めての先生選びとなると?
ピアニストにさせたいわけではないし、子供が音楽に親しんでくれれば・・・なんか頭もよくなりそうだし・・というのが多くのご家庭。
さて、そんなお父様お母様が子供のピアノの先生を選ぶときに考えたいポイントは?




4歳くらいの子供を対象に考えるピアノの先生選び
ここでは大手のお教室選びではなく個人のピアノの先生選びを想定します。

近い
はい、気の抜けるような答えかもしれませんが小さいお子さんにとって通いやすいことはやはり大切です。
歩いて通える、車でも片道15分程度までで通える。
遠い場合、どんなマイナス面が考えられるでしょう?
なにより子供の体力的な負担になります。
レッスンに来るまでに疲れて眠くなってしまう、機嫌が悪くなり集中できなくなってしまう。そんな状態では先生もレッスンに四苦八苦。そんなことが繰り返されるとやはり楽しく続けられなくなってしまいます。
又保護者の方にとってもご自身の体調が悪いとき、急な用事が出来た時などでもとりあえず近いとなんとかなります。
やはり通いやすい範囲で良い先生をみつけられれば何よりです。



体験レッスンを受けてみて考えること
さて、実際体験レッスンを受けてみて、「どうしよう・・」となったとき。
親の目線で見てどんなことを考えてみたら良いでしょう。

◆子供の表情は?
緊張しっぱなし?はじめは緊張していたけどちょっと笑顔も出た?
そんな子供に先生はどんなふうに接していたでしょう。

うちの子は集中力がなくてとおっしゃるお母様はとても多いです。。4歳児ちゃんくらいでそれはあたりまえ。
でもプロの指導者としては子供を惹き付けて音楽を伝えるためにあの手この手。
子供が楽しんでレッスンを受けられそう?
ぐいぐい成長し変化する真っ盛りの子どもに対して、今日は元気かな?運動会の練習で疲れているのかな?機嫌良く来られたかな?もっとママと一緒にいたい気分なのかな?などトータルな目線で受け止め工夫しながら音楽の指導が出来る先生。
そのあたり大切ではないでしょうか。

◆やってみたい
体験後その場で親子ともに自然に「やってみようか」とお話しあえる場合もありますし、おうちに帰って決めようという場合も。
子供の「やってもいいよ・・」「やりたい!」
やはり決め手はこれかなと思います。

ま、子供のいうことだからあてにならない(^^ゞと感じられる場合もあるとは思います。
その場合、別な先生の体験も受けてみて子供の反応などを確かめてみるというのもアリです。
親はこの先生のところでやらせたい、と思って「やってみよう!」と誘っても子供がどうも気が進まないような場合、子供の気持ちをよくきいてみてあげた上でどうしてもやりたくなさそうだったらそれは見送ったほうが良いでしょう。
無理やり連れて来られた感が大きいとせっかくのピアノ体験もつまらないものになってしまい、結局は続かなくなってしまうことも。
お断りの連絡を入れる際にその理由を簡単に伝えていただくと、先生のほうでも指導の参考になると思います。


音楽家目線から保護者の方に伝えたい先生選びのポイント

音楽的にはどうなの?
ここは音楽経験の少ない一般の方にはなかなかわかりにくことと思います。

これから伸びていく子供を指導する先生こそ高い音楽性を持ってあたりたい。
一言で言ってしまうとそこはとーーーーっっても大切。
私はそう考えています。

勉強や演奏経験を重ね、ピアノをどう弾いたらその人らしい表現が自力で出来るようになるのかを常に考えている先生。
そして何より子供に、歌うこと、リズム、テンポ、といった音楽の基礎力を正しくつけてあげられる先生。
今日のレッスンが楽しいのは勿論大切。
でも先生の頭の中にはその子の育っていく先をイメージして長くピアノを弾き続けられる、楽しめる、あるいは本気で取り組める、そんな先のイメージを描きながら指導にあたっている。
子供って、可能性のカタマリですから。

素晴らしい音楽家を排出するロシアのピアノ教育では子供時代はベテランのおばあちゃん先生が育て、その後男性を含めたバリバリの先生に引き継いでいく。
そんな話を聞いて納得したことがあります。

完璧な先生はいません。
御月謝や振替、発表会などの諸条件も大切ですが、子供のちからを伸ばす先生、といった視点でまず考えてみませんか。

ピアノの先生選びに頭を悩ませるパパママに少しでも参考になれば嬉しいです。



♪発表会の楽譜、ママが作ってくれたのー。