礒山久理ピアノ教室

松戸駅東口。レベルアップする丁寧なレッスン。レッスンのお申込み、演奏依頼はメールフォームをご利用下さい♪

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

発表会の選曲

0   0

礒山久理ピアノ教室では今年も発表会に向けてぼちぼちと動き出しています。
7月23日(日)原宿アコスタディオで行います。よかったら是非聴きにいらしてくださいね。

さて、大人の方は既に曲が決まっていますが子供達はぼちぼちこれから。
あれかなこれかなと楽しくも悩み多き季節の到来となりました。

          
昨年のプログラム表紙。

発表会の曲を選ぶ基準はなんといっても「その人に合った曲」!
勉強になる、通過点として知っておきたいなどという点は置いておいて、子供も大人も出来るだけその人の良さを引き出せるような視点を大切にしながら選びます。
知らなかったけど素敵な曲ですねーこれ弾きたい!!或いは弾いた後、この曲と出会って良かった❤となってくれると嬉しいものです。

選曲は先生がするのですか?といった質問をよく受けます。
私の場合、まずは生徒にどんな曲を弾きたい?ということを打診し、例えば子供だったら「静かな感じより元気な曲がいい!」などという希望を聞きます。考えさせるとも言えますが・・。
その上でこちらから候補を提案し、選んで貰うようなやり方が多いです。

大人の場合、ピアノ経験が豊富で選曲の視点がそれなりに持てる生徒であればやりたい曲でオッケーな場合もありますが、実際はやはりこちらから提案する場合がほとんどです。
ピアノ曲のレパートリーは膨大なのでなかなか適切な曲を選ぶのは難しいですが、こちらの視点から選曲したほうが生徒自身の世界が広がることがほとんどなので、私の中にあるさまざまな引き出しを駆使して曲を提示しています。
シベリウスやセヴラックの小品などは世界が広がってくれた好例でしょうか。

この曲どうかな?
わ!!それやりたかったんです!!
となるとテンション上がってレッスンに入れますね。ふふふ・・・・。

選曲の季節、しばらく続きます。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hisaripiano.blog.fc2.com/tb.php/304-e2042c5b
該当の記事は見つかりませんでした。