礒山久理ピアノ教室

松戸駅東口。レベルアップする丁寧なレッスン。レッスンのお申込み、演奏依頼はメールフォームをご利用下さい♪

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ピアノ・レッスンで受ける心の傷

0   0
とってもデリケードな話ですね、これ。熱心なピアノの先生が生徒に向けて、上達して欲しい一心で掛ける言葉。それが生徒にとっては時に人格を否定されたような感覚になってしまうこともあるということ。これは私を含め個人レッスンという密な人間関係の中では事の大小を問わずいつでも起こりうることです。ただ、先生の側が指導者としてプロ意識を高く持つことで避けられる場面もあります。そこに意識を向けられるようでありたいも...

楽しかったね!

0   0
発表会までのレッスンで、とても印象に残ったこのひとこと。本番近くなり、先生との連弾「春がきた」(吉田洋編曲)を通し終えた時、にっこりと「楽しかったね!」と言ってくれました。幼稚園年長さん、発表会デビューの女の子です。内心びっくりし、そして勿論とても嬉しかったです。弾き終えての一言ですから、その楽しかったねの意味は連弾が楽しい、弾くことが楽しい、この曲が好きというような音楽的な楽しさを意味する言葉(の...

ホールレッスンでした

0   0
日曜午後、発表会、コンクールに向けてホールレッスンを行いました。演奏者は大人3名。それぞれ1時間のレッスンで1曲ずつ。   場所は松戸市内のオハナホール                ホールレッスンは今回で2回目です。今更ながら本番前のこうした機会があると無いとでは大違いだなと痛感する機会となりました。特に今回感じたのはタッチとペダリング。古典派、ロマン派それぞれの時代...

ミスを受け入れる

0   0
自分の間違いを認めること。人によって、あるいは場面によってなかなか難しいことだったりします。この音違ってない?なんて楽譜を指差して言われるような単純なミスでもなかなか直せない場合もあります。身に覚え、ありませんか?この音見直してみて~え?違ってないかな?これは・・・えーと・・こうでしょ・・・ほんと?楽譜よく見てみてえ?だって・・・こうでしょ・・・うーーーん?そうかなあ・・・・・ほら、ソのシャープで...

伴奏はピアノが荒れる・・・か?

0   0
「伴奏お願いっ!」と歌や合唱、フルート、ヴァイオリン等、諸々の楽器の伴奏を頼まれることがあります。ピアノが上手くて伴奏者としてのセンスが良ければその人一人に「お願いっ!」は集中しがち。そこでピアノを弾く側、特に指導者からそういった伴奏達者な生徒へと言われるのが「伴奏引き受けているとピアノが荒れるから・・・・」◆マイナス面確かに「荒れる」と言われるようなマイナス面はあります。私自身実感も大きいです…(...

発表会の選曲

0   0
礒山久理ピアノ教室では今年も発表会に向けてぼちぼちと動き出しています。7月23日(日)原宿アコスタディオで行います。よかったら是非聴きにいらしてくださいね。さて、大人の方は既に曲が決まっていますが子供達はぼちぼちこれから。あれかなこれかなと楽しくも悩み多き季節の到来となりました。          昨年のプログラム表紙。発表会の曲を選ぶ基準はなんといっても「その人に合った曲」!勉強になる、通過点として知っておき...
このカテゴリーに該当する記事はありません。